新潟会社設立!法人設立・起業なら新潟会社設立起業支援センターへ!株式会社・合同会社の設立は税理士にお任せください!

新潟で会社設立ならお任せください。融資・補助金にも強い!
新潟市・長岡市の起業や独立をトータルサポートいたします!

新潟会社設立起業支援センター
運営 :
L&Bヨシダ税理士法人  新潟市・三条市・東京の3拠点でサポート

        ◎三条本店:新潟県三条市塚野目4-15-28
    ◎新潟オフィス:新潟県新潟市中央区女池4‐18‐18 マクスウェル女池3F
    ◎東京日本橋オフィス:東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント1F

       

アクセス                
     ◎三条本店:東三条駅より車で5分    
 ◎新潟オフィス:女池ICより車で4分 
  ◎東京オフィス:東京駅より徒歩5分 

無料相談実施中!(新潟県内)

0120-963-270

平日:9:00~17:30
◆メールでのご相談はこちら(24時間)

日本政策金融公庫から融資を受けるには

開業資金の調達・融資は日本政策金融公庫を利用しましょう

日本政策金融公庫から融資を受けるには

融資の専門家 監修書籍

日本政策金融公庫から融資を受けるには

新たに起業した個人事業主や法人が初めて融資を検討する場合、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」(国金)をお勧めします。
 

この記事では、創業間もない経営者に日本政策金融公庫を利用することをオススメする理由と、実際に融資を受けるための具体的な方法を、融資の専門家である弊社代表税理士がご説明いたします。
 

日本政策金融公庫からの融資をお考えの方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

はじめに|日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫(以下、公庫)とは、100%政府出資の政策金融機関です。

「一般の金融機関を補完する機関」として機能しており、国民生活の向上を目的としています。

 

主に銀行からの資金調達が難しい中小企業や個人事業主に対して積極的に融資を行っており、国の政策に則った固定金利、長期の融資制度のため、安心して利用することができます。

 

公庫の事業は【国民生活事業(国金)】【農林水産事業(農林公庫)】【中小企業事業(中小公庫)】として独立運営しており、中小企業に最も身近なのは国金になります。

日本政策金融公庫の融資 メリット・デメリット

日本政策金融公庫からの資金調達について、メリット・デメリットをご説明いたします。

メリット

①無担保・無保証で借りることができる

日本政策金融公庫には、創業時に無担保・無保証で利用できる融資制度である「新創業融資制度」「中小企業経営力強化資金」の2つの制度が用意されています。

特別利率の条件を満たしている場合には金利優遇を受けることもでき、好条件の金利水準といます。

 

②他の金融機関に比べて融資審査が通りやすい

ビジネスには資金が必要です。自己資金で賄える場合もありますが、設備投資が必要な場合等、融資が必要なケースは多くあります。

新規開業の場合、一般の金融機関(銀行)に融資を申し込んでも、簡単には審査が通りません。理由は、まだ事業の実績が無く、返済できるかどうかの判断が難しいからです。銀行の立場を考えると仕方のないことです。

しかしこれでは、資金調達を伴う起業が難しくなり、経済活動に支障をきたします。

そこで登場するのが「日本政策金融公庫」です。


国の政策の下、「資金調達のハードルを下げ、起業を促し、経済を活性化する」目的があるため、他の金融機関と比べて融資審査が通り易くなっているのが特徴です。

以上より、事業実績の無い新規開業の個人事業主や法人は、日本政策金融公庫を利用することをお勧めいたします。

 

③金利負担が少ない

公庫の金利は、融資の種類や条件によって異なりますが、年利率が約1~2%台と低く設定されており、資金をはじめ経営リソースが乏しい小さな会社の力強い味方となってくれます。

全ての融資で固定金利が採用され、期間も決められているため、返済計画が立てやすいのが特徴です。

 

④公庫を利用することにより、他の金融機関の融資も受けやすくなる

公庫の融資を受けることによって、「融資を受けた」という実績が残ります。

融資を受け、きっちり返済している=信頼できる会社 と判断できるため、他の銀行等でも融資が受けやすくなります。
 

デメリット

①融資を受けるまでに約1か月かかる

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、融資実行までに、通常1か月程度かかります。

ただし、その他の金融機関の場合も、信用保証協会を経由する場合、融資実行までに一般的に1か月~3か月程度要することが多いです。 ※信用保証協会を経由しなければ1か月以内の融資実行も可能ですが、ハードルは高く、通常は信用保証協会を経由します。

※当社の資金調達コンサルティングでは、最短3週間で融資が実行された事例があります。


 

②開業資金の場合、全額の融資は不可

日本政策金融公庫の創業関連融資では、開業資金の一部を自己資金で賄うことが条件とされています

そのため、全額の融資を受けることはできず、新創業融資制度では創業資金総額の1/10以上の自己資金が必要となります。

ただし、実際には1/10では難しい場合もあります。1/3あると安心です。

※当社の資金調達コンサルティングでは、自己資金が少ない場合には、起業家の「これまでの実績」や「今後の事業展開」を説得力を持った形で適正に伝えられるように、レクチャー致します。

 

 

③融資実行前に、面談審査がある

日本政策金融公庫の融資は、融資実行前に融資担当者による面談審査が行われます。

ここでは「人柄」「受け答え」「熱量」そして「創業計画書」に基づき、「計画を成し遂げられるか否か」を判断されます。

創業計画書に記載した資金使途・事業計画・返済計画などについて、「妥当性があるか」「内容に嘘が無いか」「辻褄の合わない点が無いか」を見られます。


※当社の資金調達コンサルティングでは、お客様から「これまでの経歴」や「今後の展開」についての徹底したヒアリングを行い、「伝えるべきことが間違いなく伝わる創業計画書」の作成をお手伝いいたします。
また、「模擬面談」を行い、安心して面談に臨んで頂きます。面談は同席も可能です。

 

専門家のサポートが可能です。無料相談はコチラ!

創業時の資金調達でオススメの融資制度

様々ある公庫の融資制度の中で、新潟での創業時にオススメの融資制度は「新創業融資制度」です。

以下でこの制度について詳しくご説明致します。

新創業融資制度

創業時の資金調達でオススメの融資制度

日本政策金融公庫の新創業融資制度は、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方(税務申告を2期終えていない方)が無担保・無保証人で利用できる創業融資です。

新規起業の場合、この無担保・無保証人がとても大きな意味を持ち、創業者にとって大きなメリットとなります。

要件や利率について、詳しくは以下バナーの日本政策金融公庫のHPにて確認してください。

利用要件

次の1~3のすべての要件に該当する方

1.創業の要件

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
※個人事業主であれば確定申告が1回以内
※法人であれば決済が1回以内

2.雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件

次のいずれか一つでも該当する方
①雇用の創出を伴う事業を始める方
②技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
③現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、(1)または(2)に該当する方
 (1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
 (2)現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

3.自己資金要件

創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方
※借りたお金は自己資金に含まれません

資金の使いみち

事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金
※プライベートのために融資を受けることはできません

融資限度額

3,000万円(うち運転資金1,500万円

返済期間

各種融資制度で定めるご返済期間以内
※業種によっても異なり、一般的には10年以内が多いです

利率

こちらからご確認ください

※使いみち、返済期間、担保の有無などにより異なる利率が適用されます
※信用保証協会の保証が不要のため、保証料はかかりません

担保・保証人

原則不要

※法人で希望する場合には、代表者(実質的な経営者や共同経営者を含む)が連帯保証人となることで利率が0.1%低減されます

「新創業融資制度」のまとめ

<新創業融資制度の特徴>

  • 無担保・無保証人で利用できる
  • 信用保証協会の保証がない、保証料もかからない
  • 融資実行まで約1か月
  • 固定金利かつ長期間

審査のポイントは案件ごとに変わりますが、概ね自己資金の比率と融資担当者とのヒアリングが大切になります。

 

自己資金は10分の1以上とありますが、10分の1以上あれば融資が受けられるというわけではありません。

あくまで申し込みができる、というだけであり、実際には3分の1程度準備できれば融資は通りやすくなります。

 

事業計画書等もしっかりとポイントを押さえて作成する必要があります。

担当者とのヒアリングに余裕を持って臨むため、事前準備をしっかり行い、また自分の言葉で明確に説明できるよう準備を進めましょう。

 

詳しくは、当会計事務所にご相談ください。

その他の融資制度

新創業融資制度の他にも、創業者向けの融資には「新規開業資金」と「女性、若者/シニア起業家支援資金」があります。

以下に簡単にご紹介致します。それぞれに条件があるため、状況に応じて有効利用しましょう。

新規開業資金

新規開業資金は、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方が利用できる融資制度です。

 

融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円、設備資金2,400万円)で、融資期間は設備資金が20年以内(うち据置期間2年以内)、運転資金が7年以内(うち据置期間2年以内)となっています。

 

こちらは新創業融資制度と異なり、原則有担保、第三者による保証人の設定が必要となります。

 

詳しい要件や利率については、日本政策金融公庫のHPにて確認してください。

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性、若者/シニア起業家支援資金は、女性または35歳未満もしくは55歳以上の方であり、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方が利用できる融資制度です。

 

融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円、設備資金2,400万円)で、融資期間は設備資金が20年以内(うち据置期間2年以内)、運転資金が7年以内(うち据置期間2年以内)となっています。

 

融資内容としては新規開業資金と同じですが、性別や年齢制限をクリアすれば融資を受けることができるため、自由な起業をしやすい制度と言えます。

 

こちらも原則有担保、第三者による保証人の設定が必要となります。

 

詳しい要件や利率については、日本政策金融公庫のHPにて確認してください。

日本政策金融公庫に、融資を申し込む際の流れ

公庫に融資を申し込む際には、ご自分で手続きする場合と、認定支援機関を通じて手続きする場合の2つのパターンがございます。

基本的に同じような流れとなりますが、多少の違いがあります。

 

公庫の融資は、一度失敗すると失敗した履歴が残り、再度申請するには最低でも半年程度必要になります

そのため、ご自分で手続きを行う場合には、自信が持てるくらいしっかりと下準備して臨みましょう。

 

ただ融資を受けるだけでなく、最大限に有利な条件で借り入れをすることを目指す場合には、認定支援機関のサポートを受けることをオススメ致します。

日本政策金融公庫 面談について

日本政策金融公庫、担当者との面談についてご案内いたします。

 

【概要】

30分~1時間程度で行われます。 基本的に創業計画書や企業概要書にの内容に沿って、面談が進みます。

 

【ポイント】

①原則30分~1時間に収める必要があるため、 話し過ぎるのはNGです。公庫担当者が望むペースで面談が進むのがベストです。

②見た目の印象は案外影響するとのことです。(元行員談) 服装はスーツがベストです。

③確認されるのは以下の点です。 「間違いなく返済が行われるか」を確認されます。 具体的に ・信頼できる人柄か(第一印象、話した印象、嘘が無いか、) ・数字計画が妥当か

④「応援したくなる内容」だと好印象です。 社会的貢献や、従業員の雇用など、お金の面以外で、「応援したくなる内容」を伝えられるとより良いです。

 

【その他】

面談場所は、公庫or借りる方の所在地が原則ですが、L&Bのスペースをお貸しすることも可能です。

 

【面談の際に聞かれやすい7項目】

① なぜ、この事業を始めようと考えたのか?

② 将来の展望はどのようにお考えですか?

③ 事業がうまくいかないときはどうしますか? ⇒「どんな状況でも返済は確実にする」という覚悟を伝えることが大切です。

④ 自己資金はどのように貯めましたか? ⇒反社会的な活動や、他人資金はNG(贈与はOKだが税務申告必須)

⑤ どんな経歴をお持ちですか?

⑥ どんな自社の強み(他社との差別化)がありますか?

⑦ 事業を始めるにあたって、周りの人は反対しましたか? ⇒反対されていた場合は、「現在は応援されている」結論だと安心です。

参考資料

「賢い融資の受け方35の秘訣」田原広一著

認定支援機関の専門家がサポートいたします!

お気軽にご相談ください!

認定支援機関の専門家がサポートいたします!

新潟会社設立起業支援センターは、認定支援機関の認定を受けた融資の専門家です。

創業50年の豊富な経験とノウハウを基に、お客様に寄り添った総合的なサポートをさせていただいております。

初めての方も大歓迎!腰の低い税理士が、親切丁寧にご説明いたします。

初回のご相談は無料です!
※無料相談のメリットについては、コチラ

新潟で融資をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-963-270

お問い合わせ・無料相談はこちら

-お約束-
①気持ちの良い対応を致します!
②勧誘はいたしません!    

ご相談は無料です!

0120-963-270

新潟会社設立起業支援センター

営業時間:平日9:00〜17:30

三条本店:新潟県三条市塚野目4-15-28
新潟オフィス:新潟県新潟市中央区女池4-18-18 マクスウェル女池3F
東京オフィス:東京都中央区日本橋3-6-2日本橋フロント1F

トップページへ戻る

ご相談は無料です!

創業50年!お客様数900社!
新潟市・三条市・東京の3拠点で会社設立をサポート!
ご相談は無料です!
お気軽にご相談ください!

燕三条地域の他、新潟市、長岡市、上越市、その他新潟県内全域対応いたします。

0120-963-270

◆新潟会社設立起業支援センター
◆営業時間:
平日9:00〜17:30

メールでのご相談はこちら(24時間)

書籍のご紹介

会社設立後は節税を考える必要があります。会社の節税対策が網羅されております。

法人設立前に、融資を引き出すための事業計画書・創業計画書を作りましょう。

新潟の会社設立はお任せ!

新潟市や長岡市で会社を作るなら、新潟会社設立起業支援センターにお任せください。

新潟会社設立起業支援センター(L&Bヨシダ税理士法人)

0120-963-270

025-383-8868

025-383-8228

◆三条本店
  新潟県三条市塚野目4-15-28
  TEL:0256-32-5002
◆新潟オフィス
  新潟県新潟市中央区女池4-18-18
   マクスウェル女池3F
  TEL:025-383-8868
◆東京日本橋オフィス
   
東京都中央区日本橋3-6-2-日本橋フロント1F

代表者ご紹介はこちら

お問い合わせ・ご相談フォーム

<対応地域>
新潟県新潟市中央区、新潟市北区、新潟市東区、新潟市江南区、新潟市秋葉区、新潟市西区、新潟市西蒲区、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、十日町市、加茂市、燕市、見附市、新発田市、上越市、田上町、湯沢町、刈羽村、村上市、五泉市、聖篭町、弥彦村、長岡市中之島、長岡市三島、長岡市寺泊、長岡市栃尾、長岡市越路、長岡市小国、長岡市和島、長岡市与板、長岡市川口、その他県内全域対応

<得意とする主な業種>
飲食店、製造業、建設業、美容室・理容室、エステ、IT業、サービス業(整体、接骨院、学習塾、保険代理店等)、コンサルティング業
※その他の業種についても対応しております。ご相談ください。

姉妹サイト

新潟の税理士・会計事務所L&Bヨシダ税理士法人

新潟市の税理士・会計事務所L&Bヨシダ税理士法人

当センターはfreeeの認定アドバイザーです。